“Granny Mouse Ears” has been translated into Japanese!

I am so proud to say that “Granny Mouse Ears” has been translated into the Japanese language. The book was translated by Shinnosuke Itsuki and Seitaro Shimokawa. Their teacher, Atsuko (Sukie) Takase is a high school classmate of mine. Sukie is responsible for making this translation a wonderful project for these two students of hers.

Here is a little background information about the boys. What a challenge it must have been to translate this English written children’s book into Japanese.

Shinnosuke achieved the highest score in the English proficiency test at the private English school where their teacher, Atsuko Takase works. He has also read the biggest number of books.

The taller one in the photo below is Shinnosuke. Both of them practice basketball after school.

Here is the Japanese translation of “Granny Mouse Ears”.

Granny Mouse Ears is written in English by Jo Anne Cushman Burrill and translated into Japanese by Shinnosuke Itsuki & Seitaro Shimokawa

『ねずみみおばあさん』

作者:ジョアン クッシュマン ブリル 

翻訳:伊月進之介・下川誠太郎 

あるところにおばあさんが住んでいました。みんなは、おばあさんのことを『ねずみみおばあさん』と呼んでいました。でも、おばあさんはなぜみんながそう呼んでいるのか、わかりませんでした。 

 ある日のことです。おばあさんはご近所さんに「なんでみんな私のことを『ねずみみおばあさん』と呼ぶのかしら?」と聞いてみました。すると、ご近所さんは、「おばあさんの耳が、とてもとがっているからですよ。」と、答えました。

 そこで、おばあさんは家に帰って鏡を見てみました。おどろいたことに、なんと2つの  ねずみのような耳がつきでているではありませんか。「なんてこった」おばあさんはそれまでそのことに全く気づきませんでした。

そこでおばあさんは考えました。「いいことを思いついたわ。耳をかくすためのニット帽をつくりましょう。」 そこでおばあさんは、あみばりと毛糸を持ってきてあみはじめました。

おばあさんはできあがった帽子をかぶって鏡の前で大きさを確かめました。しかし、帽子の両側をどれだけひっぱってもおばあさんのねずみのように大きな耳をかくすには小さすぎました。

 おばあさんはイスに座って、もう一度あみ始めました。気づけば、外は真っ暗です。そこで、おばあさんはまた鏡の前で帽子の大きさを確かめました。

しかし、こんども耳をかくすには小さすぎました。おばあさんは帽子の両側をぐいとひっぱって耳をかくそうとしました。でも、手を離すと、くるっととがった耳のすぐ上にもどってしまったのです。

 おばあさんはとてもつかれていたので、ベッドで横になり、「明日には必ずしあげて見せる。」と心に決めました。次の日の朝、おばあさんは起きて朝ごはんをたべ、食べ終わってすぐにあみはじめ、お昼になるまでひたすらあみ続けました。そのうちあみすぎて手がつかれてしまいました。

 おばあさんは昼ごはんを食べてから、鏡の前で帽子の大きさを確かめました。

すると・・・バンザーイ!!!!帽子は、おばあさんのとがった耳を、すっぽりとおおいかくしているではありませんか。これにはおばあさんも大喜び。

 それからというもの、おばあさんはその帽子を気にいり、一日中、買い物に行く時も、ごはんを食べる時も、なんとねる時までその帽子をかぶっていました。

 それから月日はながれ、帽子をかぶりはじめてから何年かたち、耳のまわりの毛糸はだんだん細くなってきました。帽子をかぶっていても、おばあさんのとがった耳がほとんど見えるほどでした。ある朝のこと、おばあさんは鏡を見てそのことに気づきました。 おばあさんは鏡に顔を近づけ帽子の両側をひっぱってがんばってかくそうとしました。すると・・・

 「ヒャア~~~!」 なんと、帽子に穴が2つもあいてしまいました。おばあさんは鏡に顔を近づけました。すると突然、「ビヨーン、ビヨーン」とおばあさんの耳が穴から飛びでてしまったのです。

 でも、おばあさんは平気でした。『ねずみみおばあさん』と呼ばれなくなってさみしかったので、もう耳をかくさないで、生きることにしよう、と決めました。それから帽子で耳をかくしておくよりも、ずっとよく聞こえるようになったのです。

もし、みんなの耳がこんな耳だったとしても、泣かないで。そんなときは『ねずみみおばあさん』のことを思い出して。そうすればこわくないから。それに、その方がいつまでも、きっとよく聞こえるよ。

翻訳:伊月進之介・下川誠太郎 (中学1年生13才) 小学4年から多読・多聴を開始し、4年間で伊月進之介は約600冊(800,000語)、下川誠太郎は約700冊(300,000語) の英語の本を読み、現在も読書を継続している。進之介は長い本を好み、誠太郎は様々な短めの本を好む。読み方は違うが、二人とも英語での読書を大いに楽しみ、現在も読書を継続している。二人のリーディング力・リスニング力の伸びは目覚ましい。

Here is a little more about these young translators. They were 13-year-old 1st year junior high school boys when they decided to tackle the job of translating my first children’s book. They both commenced studying the English language at the age of 9 by using extensive reading/ extensive listening (ER/EL) method. Shinnosuke has read 600 books (800,000 words), and Seitaro has read 700 books (300,000 words). Shinnosuke likes to read long books, and Seitaro prefers various kinds of shorter books. They both have been enjoying reading English books, which has lead their reading and listening skills to improve greatly.

Here is a picture of these awesome translators!

Nice job, boys! Thank you!
Meet my classmate from 1964, Atsuko (Sukie) Takase . Sukie teaches English to her students in Japan and she was responsible for introducing my writings to these two young students of hers.


In Sukie’s words……As these two boys are in different classes, I organized a Zoom meeting for them to finish it up. They really enjoyed reading and translating the story, and both of them are willing to translate your new stories in the second book. Right now their regular schools have started with different schedules as they go to different schools. I’m trying to find time for them to join another Zoom meeting, so that they can start working together for the second story. I usually don’t say anything while they are discussing and working on translation. Afterwards, I read their Japanese, comparing with the original English. Their Japanese is not the direct translation but their real Japanese expression of your story.

They haven’t yet translated the very last page, a lesson to children. It will take time for another Zoom meeting, I’d like to send you the translation till the end of the story.

Here is a picture of the very nice letters the boys wrote to me.

They, as well as their parents, said it is OK that I show this translation and their picture on social media. I am honored to share these photos with you.

Special thanks to Sukie for inspiring these two gifted students to translate my book. Thank you boys for taking the time for this translation and expressing an interest in translating my second book “Granny’s Trilogy” sometime in the future.